世界中の動きをお知らせします

アーカイブ:2017年 5月

セメダイン

プラモデルをつくったり、木工作業をするときなどに使う接着剤の「セメダイン」。 「セメダインは外来語だろう」と思っている人がいるかもしれないが、じつは、大正時代に開発者の今村善次郎によって考えられた和製のブランド名である。 現在は…

詳細を見る

赤穂浪士の仇討ち

元禄15年(1702)12月14日、47人の赤穂浪士が、主君・浅野内匠頭の仇をとるため吉良上野介邸を急襲。 見事その首を討ち取ると、その首を主君の墓前に捧げるべく、泉岳寺へと向かう ― というのが、赤穂浪士討ち入り当日の概要だが、この…

詳細を見る

フリスビー

フリスビーは、プラスチック製の円盤状の遊戯。 商標登録されているので、それを避けてフライングディスクと呼ぶこともある。 フライングディスクは、アメリカのイエール大学の学生らがパイ皿を投げて遊んだことにはじまる。 これをワー…

詳細を見る

戦艦大和の乗組員

戦艦としては史上最大の戦艦大和。 約2300人もの乗組員が乗りこんでいたが、ではその食事はどのようにつくられていたのだろうか? 大和船内のキッチンでは、それだけの人数の食事を、夜食をふくめて一日4回用意した。ひとり一日あたりの食…

詳細を見る

スフィンクス

その写真が撮影されたのは、1864年(元治元)2月のこと。 彼らは幕府の命を受けてフランスに交渉に向かった、第2次幕末遣欧使節団だった。 そのころは、幕府は海外諸国の圧力に屈して横浜港を開港したばかりだった。…

詳細を見る

朝起きると、首に激痛が

朝起きると、首に激痛が走り、首を動かそうとしても、痛くて動かせないことがある。 いわゆる寝ちがえである。 横になって寝ていただけなのに寝ちがえるのは、睡眠中に不自然な姿勢をとっていたことが原因。 単に姿勢が悪かったこともあ…

詳細を見る

血糖値が高い

中高年にの人は、血糖値を気にするものだ。 血糖値が高いと糖尿病と診断されることもあるが、血糖値自体が悪いわけではない。 血糖値は血液中にふくまれる糖の量のことであり、通常、血液1デシリットル中には60~80ミリリットルの糖がふく…

詳細を見る

ウィーン少年合唱団

ウィーン少年合唱団は、1498年に初めて組織されて以来伝統を守りつづけてきた少年だけの合唱団だ。 本拠地はウィーン北部のアウガルテン宮殿。広大な敷地に附属の幼稚園、小学校、そして日本の中学校にあたるギムナジウムの下級校がある。 …

詳細を見る

吹きこぼれない牛乳のあたため方

牛乳を鍋に入れてあたためていると、突然ぶくぶくと牛乳が泡立って、吹きこぼれることがある。 電子レンジで加熱する場合も、ちょっと加熱しすぎただけでたちまち吹きこぼれてしまう。それを予防するために、最近の電子レンジには牛乳専用のあたためコ…

詳細を見る

時代劇に登場するヤクザ

ヤクザといえば広島弁、というイメージが一般にできあがったのは、映画『仁義なき戦い』以降のこと。 しかし、時代劇にでてくるヤクザには広島弁はおろか関西弁さえいない。なぜだろうか? たいていの時代劇は江戸が舞台という事情に加えて、そ…

詳細を見る

七味唐辛子

そばやうどん、焼き鳥の風味づけに欠かせない七味唐辛子は、江戸発祥のスパイス。 江戸時代初期の1625年(寛永2)、江戸の薬研堀で生まれた。 七味唐辛子の老舗「やげん堀」は、いまは浅草に店を構えているが、江戸時代の地名の薬研堀は浅…

詳細を見る

出産の痛み

妻の出産に立ちあって、その癖がりように驚いたという人は少なくない。 そこから、女性に畏敬の念を抱く男性もいるようだ。ただ、考えてみれば、現代では医療技術の発達によって、さまざまなケガや病気の苦痛を和らげることができる。 ガンです…

詳細を見る

表札

どんな家でも、表札は門や玄関に向かって右側にかけられている。 個人の家にかぎらず、学校や役所の看板も、向かって右側にかけられているが、この習慣のルーツをさかのぼると古代中国の陰陽五行説にもとづいたものといえる。 陰陽五行説では、…

詳細を見る

関西の骨壷は関東の骨壷

東日本と西日本とでは、いろいろと習慣やしきたりがちがうものだが、骨壷のサイズも大きくちがう。 東日本で使われている骨壷が直径30センチメートル程度であるのにたいして、西日本の骨壷は15センチ程度と、半分サイズとなっている。 束と…

詳細を見る

茶碗蒸しマイタケを入れてはいけない

茶碗蒸しの具といえば、エビに鶏肉、キンナン、タケノコ、三つ葉、カマボコなど。 香りづけにはユズ、風味をだすにはシイタケが欠かせない。とはいえ、一般家庭で、これだけたくさんの食材をそろえるのはたいへん。 冷蔵庫にある残りもので代用…

詳細を見る

白菜は葉っぱ

白菜といえば鍋料理の定番野菜だが、鍋のほかにも漬物や餃子の具、炒めものやクリームシチューなどどんな料理にもマッチする万能野菜だ。 もっとも、味にクセがないから、ともすればほかの食材の個性に負けて「味がない」と思われがちの白菜だが、本来…

詳細を見る

ハイジのアルム

文学作品を映像化するさいには、原作を多少、改変する場合がある。 たとえば、人気アニメ『アルプスの少女ハイジ』の場合、原作と異なる点がいくつかあるのだが、そのひとつが、主人公ハイジと暮らす「アルムおんじ」のキャラクターだ。 「アル…

詳細を見る

塩をふる知られざる本当のワケ

アジやサンマなどの生魚を焼く前に、魚全体に塩をふることを「ふり塩」という。 この手順を単に魚に塩味をつけるためだと思ったら、大まちがい。ふり塩をすると、魚の生臭さがとれ、うま味が増すのである。 しかし、単に塩をふるだけで生臭さが…

詳細を見る

雛人形の三人官女

いまではよほど大きな家でないと、雛壇式の雛人形一式を飾ることはないだろう。 せいぜいお内裏様とお雛様のカップルですませることがほとんどで、「三人官女」を聞いたことはあるが見たことはないという人もいるだろう。 念のためにおさらいを…

詳細を見る

サケ缶の中身は

時間のないときでも、サッとだせておいしいサケの缶詰。 あえものやサラダ、炒めものなど、ごほんのお供や、酒の肴にぴったりの一品をすぐにつくれる。 しかし、サケといっても種類は豊富。では、サケ缶にはどのようなサケが使われているのだろ…

詳細を見る

スーパーで買い物「サッカー台」

スーパーのレジで会計をすませると、その先に台が置いてあり、お客はその台に買い物かごをのせて、商品をスーパーの袋に詰めていくことになる。 あの台にはちゃんと名前があって、「サッカー台」と呼ばれている。 サッカー台といっても、スポー…

詳細を見る

長い間貯蔵したコメ

コメの収穫期は、その多くは一年に1度、秋に訪れる。 そのコメを、翌年の秋まで少しずつ出荷しながら、一年かけて消費する。だから、収穫後すぐに出荷されるコメもあれば、翌年の秋ぎりぎりになって、ようやく出荷されるコメもある。 むろん、…

詳細を見る

猫の乳首

猫は一度の出産で、3~5匹の子を産む。 そんなに生まれたら、母猫のおっぱいの取り合いになりそうだが、その心配はない。 母猫の乳首は6つあるので、子猫が乳首にあぶれることはない。しかも、子猫それぞれの専用の乳首もきまっているのだ。…

詳細を見る

「ダイテ」

全国どこの銀行でも使われている言葉に「ダイテ」というフレーズがある。 じつさい、多くの銀行の窓口が閉まる午後3時以降は、「ダイテください」という言葉が行内で飛びかっているのだ。内情を知らないものには業務中にかわされる言葉とも思えないが…

詳細を見る

プリン

カップ入りの「森永プリン」が初めて市販されたのは1971年(昭和46)のこと。 当初は単体で売りだされたが、新発売から5年後の1976年(昭和51)、おなじみの3連パックが売りだされた。 3個セットで発売されたのは、メーカーが「…

詳細を見る