世界中の動きをお知らせします

婚約・結納のスケジュール

双方のご両親には早めに報告をしましょう

これからの新生活を気持ちよく応援してもらうためにも、結婚を決意したら、双方の両親には早めに報告をしましょう。
報告を行う場所は、自宅またはレストランが一般的です。

ご両親側も心の準備が必要ですから、前もって「いつ・どこで・何時から」と伝えておきましょう。

たとえ相手の両親とすでに交流があり、結婚の話が出ている場合でも、あらためて一席設けるようにしましょう。

「結婚しよう!」そう思い立ったが吉日、両親に報告するところから憧れのハッピーライフへ向けての準備がスタートします。

婚約とは、本人同士が結婚を誓い合う、法律でも認められている「契約」のことです。

特に決まった形式などはありませんが、結婚式の6~3カ月前に行います。

結納は、室町時代から始まったといわれる日本独特の儀式。もっとも一般的な婚約方法ですが、最近は結納を交わすカップルは減少傾向にあります。

結納は本来、男性側の感謝と誠意の気持ちを結び納め、両家で結婚の約束をするというもの。

近年ではレストランなどに両家が集まるスタイルが増えています。

結納は、結婚への”けじめ”ですので、きちんと取り交わしておきたいものです。

正式には、仲人による使者が両家を往復します。しかし、たいへん時間がかかることから、現在では結婚する二人と両親が1カ所に集まり、結納を交わすという簡単なスタイルが主流です。

自分たちの婚約をより多くの方に知ってもらうため、婚約通知状を作るのもよいでしょう。

印刷した通知状を送る場合もありますが、特に親しい相手やお世話になった方には自筆のはがきやカードを送ります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。