世界中の動きをお知らせします

初顔合わせ

両家の顔合わせはどこで行うもの双方の両親へのあいさつが済み、結婚の了承を得たら、なるべく早めに親同士の顔合わせの日程を調整しましょう。

以前は、男性側が女性宅を訪問することが多かったのですが、最近は、どちらの家にも負担が少なく、気軽なレストランやホテル、料亭などを利用するケースが増えています。

顔合わせは、両家のコミュニケーションを深めることが目的ですので、あまり形式にとらわれず、両家の意向を確かめて調整するとよいでしょう。

セッティングは、結婚する二人の仕事。落ち着いて話ができ、どちらの家からも交通の便がよい場所で行うのがベストです。

費用は両家で折半にするのが一般的ですが、最近では結婚する本人たちが親を招待するというパターンも増えています。

招待された場合、親は遠慮せずそれを受けましょう。

手土産は互いに負担になるだけですので、省略してかまいません。

ただし、地方から親が足を運ぶ時には、郷土の名産品などを用意していることもあるでしょう。その場合は無理に禁じる必要はありません。

相手宅を訪問する顔合わせの場合(自宅を訪問する時)は、もてなしの労をとらせることになります。

伺う側は必ず手土産を持参しましょう。

おめでたい席ですから、手土産は日本酒などでもOKですが、相手がお酒を飲めない場合もあるため、お菓子などのほうが無難です。

もてなす側はあまり堅苦しく考えず、自然体で迎えてください。また、お茶・お菓子を出すか、食事を出すかは訪問の時間帯によるため、あら
かじめ打ち合わせしておきましょう。

顔合わせが出来ない(どうしても会えない)場合は?

顔合わせは行ったほうがよいものですが、家庭の事情ですぐには会えないこともあります。

その場合は、電話や手紙などで交流を深めるようにしてください。

結婚の報告を受けたら、まずは男性の親からコンタクトを。

会いにいけない旨を詫び、結婚を喜んでいると伝えます。相手の顔が見えない電話では、いつもよりていねいに、誠実に会話することが大切。

事前に話す内容をまとめておくとよいでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。