世界中の動きをお知らせします

正式か略式か

両家のしきたりに合わせて 結納とは、婚約をした証として両家の問で金品を取り交わし、結婚の約束を固める伝統的な儀式です。

仲人が使者となって両家を往復し、結納品を運ぶのが正式なスタイルですが、最近では仲人を立てずに行ったり、仲人を立てたとしても、ホテルなど1カ所に両家が集まる略式で行う人が増えています。

結納については、それぞれの地域、家庭によって違いますから、両家の意見を聞いて慎重に進めましょう。

関東式 関西式

結納は地域ごとにそのしきたりが異なり、大きく「関東式」「関西式」に分けられます。

関東では「結納を交わす」といい、男女双方の結納品を交換するのに対して、関西式は男性だけが女性に結納品を贈るため、値観の違いが表面化しやすいものでもあります。

互いの意見を尊重しながら、じっくり話し合いましょう。

日本では、古くから婚姻関係を結ぶ際に、両家で酒を酌み交わし祝う習慣がありました。

昔から、結婚とは家と家との結び付きと考えられていたため、贈られた結納品を飾り、お披露目することで、正式に婚約したことを周囲に知らせるという意味がありました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。