世界中の動きをお知らせします

挙式のスタイル

キリスト教式

キリスト教は、プロテスタントとカトリックに大別されます。

カトリックでは原則として、信者以外の挙式を認めていません。

そのため一定の期間、礼拝や結婚講座に通わなければならないこともあります。また、カトリックでは、離婚は許されないこととされています。

一方、ホテルや専門式場のチャペルで行われる挙式は、ほとんどがプロテスタントです。

こちらは日程さえ合えば、問題なく行えます。

キリスト教式では媒酌人という役割ではなく、新郎に「アッシャー」、新婦に「プライズメイド」と呼ばれる介添人(証人)がつきます。

介添人は、媒酌人がいる場合には媒酌人夫妻が行い、媒酌人がいない場合は新郎新婦それぞれの友人、知人にお願いするものです。

神前式

日本でもっともなじみのある挙式スタイルでしたが、そのルーツは意外と新しく、大正天皇の婚礼の儀からだといわれています。

広く一般に行われるようになったのは、第2次世界大戦後。それまでは、自宅で式を挙げるスタイルが普通でした。

キリスト教式に人気が集まっているものの、この神前式を希望するカップルもいます。

厳粛な雰囲気で、日本の伝統に触れられること、また、ホテル・式場にも設備が整っているところが多いことなどがメリットとして挙げられるでしょう。

三献の儀は杯にロをつける

三三九度の杯をくみ交わすことで夫婦の契りを固めます。

一口目、二口目は口をつけるだけで、三日目で飲み干します。

お酒が飲めない人は、事前に担当者や介添人にその旨を伝えておくと安心です。

玉串奉納の手順を前もって覚えておこう

玉串の捧げ方は難しく感じるかもしれませんが、挙式前に教えてもらえます。

しかし、当日は緊張してなかなかうまくいかないこともあるので、前もって練習しておくとよいでしょう。

また、時計回りということを覚えておきましょう。

仏前式

宗教的な意味合いが強く今では減少傾向にある

仏の前で数珠を受け、焼香をして杯を交わすのが一般的な仏前式です。

信仰している宗派の寺院や、先祖代々の菩提寺で挙式を行います。

仏前式は、宗教的な意味合いが非常に強いため、とても落ち着いた雰囲気で挙式ができます。

形式は、宗派によって多少異なりますので、注意しましょう。

寺院以外では、仏前式の挙式ができるホテルや結婚式場の数がたいへん少ないため、会場探しには手間がかかるかもしれません。

事前によく調べ、早めに確認をとっておくようにしましょう。

仏前式は寺院や先祖代々の菩提寺で行うほか、自宅の仏前に僧侶を招いて行う場合もあります。

また、新郎と新婦の宗派が異なる場合は、男性側の宗派に合わせることが多いようです。

仏前式では挙式料を「御礼」(「御供物料」「御布施」)と表書きした祝儀袋に入れて渡します。

相場は5~1 0万円。

その他、僧侶やお付きの僧侶に対するお礼も、「御礼」と表書きし、両家連名で2~3万円渡します。

人前式

人前式は、親族や友人、知人の前で結婚を誓い合う、宗教とは無関係の式です。

宗教にのっとって式次第が決められているキリスト教式や神前式とは異なり、式進行をプランニングできるため二人らしい個性的な挙式を行えるのが特徴といえるでしょう。

宗教によらない人前式は、列席してくれたすべての人が結婚の証人となります。

形式が自由なため、年配の方にはあまりなじみがないこともありますので、違和感があるという招待客の方には前もって説明をしておくとよいでしょう。

古城や宮殿など個性的な場所で挙式

今は、リゾート地や海外の有名教会で結婚式を挙げるカップルも増加しています。

教会以外にも、古城や宮殿など、個性的な場所での挙式もでき、憧れる人も多いでしょう。ただし、なかには宗教的に信者でないと挙式できないところ
もありますから、注意しましょう。

手配は旅行代理店や専門会社に依頼することになりますので、目的の国や地域に強いエージェントを見つけることが先決です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。