世界中の動きをお知らせします

日取りを決める

最近は、大安にこだわらない人も多い

結婚式といえば、大安吉日の土日に行われることが多く、今でもなかなか予約が取れない人気の日取りとなっています。

オンシーズンで大安の土曜日となると、1年前から予約でいっぱいの式場もあります。

しかし最近は、昔ほど大安などのお日柄にこだわらないという人も増えてきました。

専門式場などでも、仏滅割引サービスを行うところが増え、利用する人も急増しています。ただし、年配の方のなかには、まだまだ日取りを気にする人が多いのも事実です。

家族や親族、媒酌人などの意見も聞き、こだわりがあるなら配慮するのが無難でしょう。

もし、仏滅の日に挙式が決まった場合には、日取りを気にしている方に「二人の特別な記念の日なので」と、きちんと説明をして、理解を得るようにしましょう。

結婚式の日取りは招待客の都合も考えて

結婚式の日取りは、二人の都合はもちろんですが、媒酌人や招待客の都合にも配慮しましょう。

媒酌人を立てる場合は、依頼をして、都合を確認してから日取りを決めるのがマナーです。

また、列席者のことを考えるなら、決算期など会社の忙しい時期や、お盆休みや夏休み、年末年始、ゴールデンウィーク、三連休の中日などは予定が入りやすいので、避けるとよいでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。