世界中の動きをお知らせします

多様化する今どさの披露宴スタイル

挙式同様、披露宴スタイルもさまざま。

二人を祝福するためにゲストが来場するのですから、楽しい時間を過ごしてほしいものです。

披露宴の主役はゲストの方々

日頃お世話になっている方や友人たちに晴れて夫婦になった二人の結婚を報告し、これからの末永いお付き合いをお願いするのが、披露宴の本来の意味です。

新郎新婦は招待したゲストの方々をおもてなしするホストとホステスであり、親はそれをサポートする立場と心得て、感謝の気持ちを忘れずにのぞみましょう。

多様化する今どさの披露宴スタイル

披露宴の雰囲気を決める大きな要素のひとつは、やはり料理のスタイルです。

格式ある正餐形式や、カジュアルな雰囲気の立食形式がありますが、最近では正餐形式でも、招待客が座ったままにならないよう、デザートブツフエを用意するなど、アットホームになるよう工夫したパーティから、着席型のガーデンパーティまで、そのスタイルは多様化しています。

これは、自分たちらしい披露宴にしだいというカップルが増え、そのニーズに応えられるよう環境を整えた会場が増えたことによるものです。

どんな披露宴にしたいか二人でじっくり相談をゲストに楽しんでいただく披露宴ですが、まずは二人がどんな雰囲気の披露宴にしたいか、それが大事で
す。

格式にこだわるのか、それともカジュアルでアットホームな雰囲気なのかなど意見を出し合い、二人のイメージを確認しましょう。

そのうえで両親の意見を聞き、具体的に詰めていくのがよいでしょう。

ただし、こだわりすぎてひとりよがりの披露宴にならないよう、注意したいものです。招待客をどのようにもてなしたら喜んでもらえるかを考えて決めましょう。

披露宴のスタイルが決まったら、招待客の人数、年齢層、日取り、予算などとっさ合わせながら、会場選びに入ります。

もっとも一般的な着席スタイルは、あらかじめ決められた席に、係の人が料理を運んできてくれる形です。

他のテーブルのゲストとゆっくり話をすることはできませんが、そのぶん、ゆっくり落ち着いて食事が楽しめますし、和洋中、どんな料理にも対応できます。

着席ブツフエの場合には、自由に動くことができ、さまざまなゲストと会話できます。座って食べることもできる点は魅力ですが、バイキング形式なので、時間はあっても料理がなくなってしまうケースも少なくありませんので注意が必要です。

立ったまま各自好きな料理を食べ、多くの人と会話を楽しめる、カジュアルな立食スタイルは、新郎新婦とも気軽に会話できるというメリットがあります。しかし、年配のゲストにとって、長時間立ったままで過ごすことは大変かもしれません。

その場合は、壁際に椅子を用意したり、手荷物置き場をつくるなどの配慮が必要でしょう。この形式は特に大人数の場合に向いています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。