世界中の動きをお知らせします

和装にも「白無垢」「色打掛」「引き振袖」「本振袖」など、いろいろな種類があります

和装にもさまざまな種類がある

和装にも「白無垢」「色打掛」「引き振袖」「本振袖」など、いろいろな種類があります。

一般的なパターンとしては、挙式に白無垢でのぞみ、披露宴には色打掛で登場、お色直しではウエディングドレスに着替えるというもの。

お色直しも着物がいい場合は、引き振袖か本振袖というパターンもあります。ちなみにウエディングドレスから和装へのお色直しには、ヘアメイクや着付けに時間がかかり、料金も割高になる場合がありますので注意しましょう。

和服の衣装を選ぶ時のポイントとは?

和装の場合は、色や織り、文様などによって、見た時と着た時の印象がかなり変わります。

選ぶ際には必ず直接屑に掛け、顔映りをチェックするとよいでしょう。着物の場合は、普段自分に似合う色が必ずしも合うとは限りません。

先入観にとらわれることなく、とにかく試してみることをおすすめします。

試着の際は、顔映りがわかりやすいよう、首の詰まった服装は避けること。また、着物に詳しい人に同行してもらい、アドバイスを受けたり、衣装室の担当者の意見などを参考に選びましょう。

その他、和装に必要な小物ってどんなもの?

和装の場合、ほとんどがレンタル衣装になります。

懐剣や草履など一部の小物はレンタルの中に含まれますが、肌橘枠や裾除けなど、直接身に着けるものは自分で用意することになります。

衣装を予約する際に、何が必要なのかを担当者に確認しておきましょう。

新郎が和装の場合、正装は黒の五つ紋付き羽織袴で男性の和装の正装とは、黒羽二重の染め抜き五つ紋付き羽織りに、仙台平の黒か茶の縞でひだのある袴です。

ちなみに、三つ紋は準礼装、一つ紋は略礼装。人気の高い色紋付きは略礼装になりますので、白無垢や色打掛とは格が合わないので注意しましょう。

お色直しやパーティでの着用なら、問題はありません。

家族は、新郎新婦よりも派手にならない服装で

挙式は、家族も主催者側になりますので、品位のある服装を心かけましょう。

兄弟姉妹は、特に新郎新婦よりも控えめな服装を着用するのが基本です。既婚者の場合は両親とほぼ同じ服装でも大丈夫ですが、既婚者でも年齢が若い人や未婚者の場合は少し格を落としてください。

高校生以下の子どもは基本的に学校の制服を着用します。ふだんスニーカーを履いていても、黒か茶色の革靴を用意しましょう。

制服がない場合、男の子はブレザーやスーツなど、女の子はワンピースを着用するとよいでしょう。

挙式から披露宴まで長時間かかりますので、できるだけ動きやすいシンプルなものがベストです。

媒酌人は新郎新婦と同等のスタイルで

媒酌人夫妻の装いについては、新郎新婦の婚礼衣装と格を揃えるのが基本。

新郎新婦が正礼装ならば、媒酌人も正礼装でのぞみます。

和服の場合は、媒酌人夫人は五つ紋付き皇統固め袖に丸帯を合わせ

抜き五つ紋付きの着物と羽織、仙台平の袴を着用します。しかし、新郎新婦が和装の場合に、媒酌人も和装で揃えると風格の点で、新郎よりも媒酌人のほうが引き立ってしまうことがあります。

そこで最近では、新郎新婦が和装でも、媒酌人夫人は黒留め袖、媒酌人はモーニングという参列者の服装は、披露宴の格式や新郎新婦との関係によって変わります。

たとえば、ホテルや専門式場での披露宴の場合、新郎新婦に近い親族は準礼装、友人知人は略礼装です。

略礼装とは、男性ならダークスーツ、女性ならフォーマルスーツやワンピース、ツーピースのこと。和装の場合は色無地や付下げになります。
夜はディナードレスなどでもOKですが、白は着用しないのがマナーです。また、「平服で」と招待状に記されていてもカジュアルすぎる服装は好ましくありません。

ここでの「平服」とは、セミフォーマルのことですので、女性の洋装ならワンピースやスーツなどにアクセサリーを付け、和装なら小紋や付下げに袋帯を合わせます。

男性はダークスーツに光沢のあるネクタイを合わせるなどして、華やかさをプラスしてください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。