世界中の動きをお知らせします

結婚式での衣装 は、女性にとってはとても大事なもの

衣装の準備は早めにしておこう

一生の記憶に残る結婚式での衣装は、女性にとってはとても大事なもの。後悔することのないよう、細部まで可愛らしく、美しく、お気に入りの花嫁姿で式を迎えましょう。

いろいろとこだわりたいところなので、あれこれ悩むことを考えて、3~4カ月前にはある程度の準備を済ませておきたいもの。

式の2カ月前には、すべて手配し終わるようにしましょう。

レンタルドレスとセルドレスについて

ドレスには大きく分けてセルとレンタルの2種類があります。レンタルドレスは、比較的低価格で保管の手間や場所が不要なのがメリットですが、ただ、若干サイズが合わないこともあります。

セルドレスはさまざまな種類があり、ユーズドやプレタポルテならレンタルよりも安くすむ場合もあります。

オーダードレスなら、デザインも好みのものにする事ができますが、高価なうえに保管場所も必要です。

和装と洋装、どっちにする?

衣装を決める際には、どんな花嫁姿を残したいのかをよく考えて決めましょう。

結婚式の衣装には、洋装だけ、和装だけ、または洋装・和装両方の3パターンがあります。

近年は、洋装だけで通すカップルが増えているようですが、日本伝統の嫁入り姿も漂々しくて素敵です。

お色直しの回数を何回にするか

結婚式の際の衣装計画で、まず決めなければならないのがお色直しの回数です。

憧れの花嫁姿なので、いろいろと着てみたくなるものですが、何度もお色直しをしてしまうと会場にいる時間がほとんどなくなり、ゲストや新郎と接する機会がなくなってしまいます。

また、和装の着付けには手間がかかるため、洋装から和装へのお色直しは進行や演出に工夫が必要です。

こういった事情から、お色直しの回数は1~2回というケースがほとんどです。また、会場で過ごす時間を大切にするために、お色直しをしないでひとつのドレスで通す新婦もいます。

衣装の調達はどうやってするの?

衣装の調達先には、会場内の衣装室や提携の衣装ショップ、外部の衣装ショップの3つがあります。

衣装の持ち込みがOKの会場の場合は、外部のショップもいろいろと見て回りましょう。

情報誌やインターネットなどで着たいドレスのイメージができたら、それに近い衣装がそろっていそうなショップをリストアップしておくとスムーズです。ただ、下見に予約が必要なショップが多いので、事前に調べておきましょう。

会場で持ち込み衣装を保管してもらう場合には、1~3万円程の保管料が必要なこともあるのでご注意を。

ショップによっては持ち込み料を負担してくれることもあります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。