世界中の動きをお知らせします

招待客の席次は新郎新婦のメインテーブルをベースに考えます

新郎新婦のメインテーブルに近い席が上座になる

招待客の席次は新郎新婦のメインテーブルをベースに考えます。

一般的に、メインテーブルに向かって左側には新郎の関係者を、右側には新婦の関係者を配置します。

新郎新婦に近い席が上座になり、上司や恩師などの主賓、先輩、友人、親戚、家族の順に続きます。

仕事関係の席次を決めるときの注意点

席次を決める際、会社関係や得意先など、仕事関係の招待客については特に注意が必要です。

職場の上司と取引先のどちらを上座にしたらよいのかなど、判断が難しいときは職場の既婚者に相談してみるのも一案です。

初対面同士でも会話が弾むことを第一に考えて

着席スタイルの披露宴では、招待客は自由に動き回れませんから、同席する人と会話が弾むように席次を配慮する必要があります。

学生時代のクラスメート同士、会社の同僚同士というように、顔見知りの人たちを隣り合わせに配置したり、初対面の人が同じテーブルになってしまった場合でも、年齢が近い人同士、趣味が合いそうな人同士など共通項を見つけて同じテーブルに座ってもらうとよいでしょう。

招待客が子とも連れや妊娠中の場合など、どんな点に注意すればいい?

子どもも披露宴に参加するかどうか事前に確認をしましょう。

披露宴会場は、子ども用の椅子を用意しているところがほとんどです。前もって伝えれば、両親の近くに設置してくれるでしょう。

また、子ども連れの人や、妊娠中の人の席は、中座することを考え、入り口付近に席を設けると親切です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。