世界中の動きをお知らせします

アーカイブ:2017年 7月

10年後に土地の値段が「上がる駅」「下がる駅」(週刊現代 2017年8月5日号)

東京五輪を機にバブルは崩壊。人口減少で儒要も縮んで、不動産「不況時代」が到来する。そこでは少数の勝ち組と、多数の負け組に分かれる土地格差社会が訪れる。あなたの住む駅は大丈夫か?。 木場‘渋谷、広尾が「下がる」 まず、…

詳細を見る

スーパー堤防歯抜けすぎて「意味なし」(FRIDAY 2017年7月28日)

東京と千葉を結ぶJR総武線。写頁右奥の東京側から左側の千葉方面へ向かうと、都県境の江戸川に差し掛かる直前で、左手に造成工事の現場が見える。 周囲より最大6mほど高く、国道14号線、通称・千葉街道(写真手前の大通り)と総武線に挟まれた、…

詳細を見る

豊田真由子 秘書に暴言、暴行のパワハラで離党届を提出。議員辞職も(週刊女性 2017年07月11日号)

「支援者は何をしてくれたんだという思いだよ。事務所前のお宅なんか、代々の自民党支援者でお偉い先生たちも挨拶に来る有力者だからね。彼女はまだ新任でしょう。ここはずっと自民と民主(現・民進党)が選挙で争っていてね。支援者連中は誰のおかげで議員に…

詳細を見る

国会議員の暴言は日本組織にありがちな”被害妄想ハラスメント”(週プレ 2017年7月24日号)

自民党の女性国会議員が10歳以上年上の政策秘害に浴びせた罵詈雑言が波紋を呼んでいます。 大手広告代理店の新人社員の過労自殺を受けて、安倍政権は長時問労働など日本的な働き方の改革を掲げており、当の女性国会議員はその先頭に立つ厚生労働省の…

詳細を見る

「新型 貧困を生む街」潜入ルポ(週刊SPA! 2017年7月11日)

これまであらゆる形態の貧困問題を見てきたSPA! だが、今回は貧困を生む”街”の構造を解き明かすべく取材を敢行。 なぜ特定の街で貧困が生まれるのか? そこから脱することは可能なのか? 住民の声とともに見ていきたい。 …

詳細を見る

小池シスターズの「身体検査」は問題ないですか?(FRIDAY 2017年7月14日)

7月2日投開票の東京都議選で、優勢が伝えられる都民ファーストの会。 しかし、「小池シスターズ」の選挙戦の現場には一抹の不安が漂っていた。「よろしくお願いいたしまーす!」雨の降る原宿で1人の女性が声を上げる。 街宣車から降りると、…

詳細を見る

逆ギレ安倍首相の「暴言・放言」が止まらない!(FRIDAY 2017年7月14日)

追い詰められると開き直って逆ギレするタイプは珍しくないが、それが総理大臣だったとしたら……? 「政治家になって一番頭にきている。ここまでコケにされたことはなかった」安倍晋三首相は最近、周囲にそう言い放ったという。 6月24日、首…

詳細を見る

小池劇場総チェック ホントはいくらかかる?東京五輪の謎予算(週刊女性 2017年07月11日号)

1兆3850億円の怪しい内訳 2020年に開催される東京オリンビック・パラリンピックは大会運営費のわかりにくさがつきまとう。12年の招致段階では7340億円だったが、一時は3兆円にまで膨れ上がった。 経費はどこまでかかるのか…

詳細を見る