世界中の動きをお知らせします

カテゴリー:雑学の泉

披露宴料理の試食は必須、 自分の目で確かめて

料理は招待客の満足度に大きく関係しますので、料理で予算を切り詰めるようなことは、できればしたくないものです。 披露宴会場には通常、3~5ランクの料理が用意されていますが、値段は食材や産地、シェフの知名度などに左右されるため、メニューを…

詳細を見る

招待客の席次は新郎新婦のメインテーブルをベースに考えます

新郎新婦のメインテーブルに近い席が上座になる 招待客の席次は新郎新婦のメインテーブルをベースに考えます。 一般的に、メインテーブルに向かって左側には新郎の関係者を、右側には新婦の関係者を配置します。 新郎新婦に近い席が上座にな…

詳細を見る

結婚式のお互いリストをつくって招待客を決めていく

招待客は、親戚を中心に招くのか、新郎新婦の友人を中心に招くのかなどを決めたうえでお互いにリストアップし、人数や年齢層などポイントを絞って決めていきます。 招待客の数は、新郎新婦でほぼ半々になるのが理想的。招待できなかった友人は、二次会…

詳細を見る

小物を選ぶときは、 全体のバランスを考慮して

レンタルする場合、ドレスに小物がついているケースもありますが、気に入らなければ別のものを選んでもかまいません。 ドレスを挙式の3カ月以上前に決定しておけば、小物もじっくり検討できます。 小物の中でもヘッドドレスやベールは、全体の…

詳細を見る

ブーケのオーダーは、挙式の1カ月前には済ませておきましょう

ブーケのオーダーは、挙式の1カ月前には済ませておきましょう。 その際、当日着るドレスや会場の写真を持って行くと、イメージが伝わりやすくなります。また、雑誌などから好みのブーケ写真を切り抜いて参考にしてもらってもよいでしょう。 実…

詳細を見る

和装にも「白無垢」「色打掛」「引き振袖」「本振袖」など、いろいろな種類があります

和装にもさまざまな種類がある 和装にも「白無垢」「色打掛」「引き振袖」「本振袖」など、いろいろな種類があります。 一般的なパターンとしては、挙式に白無垢でのぞみ、披露宴には色打掛で登場、お色直しではウエディングドレスに着替えるという…

詳細を見る

会場の雰囲気とバランスを考えてドレスを選ぶ

一生に一度の花嫁姿だと思うと、ついつい自分の好みだけでドレスを決めてしまいがちですが、レストランや通路の狭い会場で裾の広いドレスを着ると、動きにくくなります。また、実際の式では、会場の雰囲気や光の加減で、試着の時とは違って見えるものです。 …

詳細を見る

結婚式での衣装 は、女性にとってはとても大事なもの

衣装の準備は早めにしておこう 一生の記憶に残る結婚式での衣装は、女性にとってはとても大事なもの。後悔することのないよう、細部まで可愛らしく、美しく、お気に入りの花嫁姿で式を迎えましょう。 いろいろとこだわりたいところなので、あれこれ…

詳細を見る

マリッジリングを買いに行こう

婚姻の証としてマリッジリングを交換する習慣は、紀元前1世紀頃の古代ローマが起源といわれ、現在でもマリッジリングは永遠の愛を誓い合う象徴となっています。 結婚式での指輪交換は、最も印象的なシーンのひとつとして心に残るものです。 い…

詳細を見る

結婚式・披露宴に媒酌人を立てる?

媒酌人とは、結婚式当日に二人の結婚を列席者に報告する人のことをいいます。 特に決まりはありませんが、近頃ではほとんどのカップルが媒酌人を立てないスタイルを選んでいます。 結婚後のお付き合いやごあいさつがわずらわしい、堅苦しい式に…

詳細を見る

新婚旅行も兼ねた海外ウエディング

新婚旅行も兼ねたウエディング 旅行代理店やプロデュース会社に依頼して由緒正しいお城や宮殿、映画の世界で見るような教会などで挙げる式に憧れる人も多いでしょう。 海外挙式の場合、現地との交渉など手間がかかることも少なくありません。 …

詳細を見る

ウエディングプランナーとは?

ウエディングプランナーとはその名の通り、結婚式のプランを練り、二人の希望やこだわりを具体的な形にしてくれるプロデューサーのことです。 ありきたりな結婚式や披露宴ではなく、オリジナリティあふれる個性的なウエディングを行いたいカップルに支…

詳細を見る

披露宴会場は二人のイメージに合った場所を

披露宴会場は二人のイメージに合った場所を 披露宴会場は、結婚式場やホテルのほかにもいろいろな場所があります。 なかでも、最近人気なのは一軒家のゲストハウスやレストランなどを貸切にするオリジナル感のある披露宴会場でしょう。 格式…

詳細を見る

多様化する今どさの披露宴スタイル

挙式同様、披露宴スタイルもさまざま。 二人を祝福するためにゲストが来場するのですから、楽しい時間を過ごしてほしいものです。 披露宴の主役はゲストの方々 日頃お世話になっている方や友人たちに晴れて夫婦になった二人の結婚を報告し、これ…

詳細を見る

挙式のスタイル

キリスト教式 キリスト教は、プロテスタントとカトリックに大別されます。 カトリックでは原則として、信者以外の挙式を認めていません。 そのため一定の期間、礼拝や結婚講座に通わなければならないこともあります。また、カトリックでは、…

詳細を見る

日取りを決める

最近は、大安にこだわらない人も多い 結婚式といえば、大安吉日の土日に行われることが多く、今でもなかなか予約が取れない人気の日取りとなっています。 オンシーズンで大安の土曜日となると、1年前から予約でいっぱいの式場もあります。 …

詳細を見る

結婚にかかる主な費用

結婚にかかる具体的な費用としては、次のようなものが挙げられます。 総費用の額が決まったら、どこにウエイトを置くか、決足しましょう。 ①行事費(挙式、披露宴、新婚旅 行など) ②新生活の準備費用(住居、生活 用品など) ③仲人…

詳細を見る

婚約解消が正当と認められる場合とは

婚約解消が正当と認められる場合とは 結婚は一生の問題です。婚約したとはいえ、気持ちが揺れることもあるかもしれません。 ここでは、法的に婚約解消が正当と認められるのはどのような場合か、確認しておきましょう。 ●相手にほかの異性と…

詳細を見る

婚約式

もともと婚約式は、教会に本人同士、家族、身内、仲人が集い、牧師(神父)立ち会いのもとに行われます。 神の前で婚約誓書を朗読して誓約書にサインをし、立会人が証人となります。 最近では、キリスト教の婚約式を原型にした人前婚約式も行わ…

詳細を見る

婚約記念品

男性から女性へ贈る婚約記念品 男性から贈る記念品で圧倒的な人気を誇るのは、指輪(エンゲージリング)です。 これは、もともと古代ローマで契約履行の証として始まったといわれ、日本では高度成長期の頃から瞬く間に普及しました。 以前は…

詳細を見る

正式結納

格式を重んじるなら正式結納を 正式な結納では、両家それぞれに使者をたてる場合がありますが、仲人夫妻が両家を行き来して結納品を届けるのが一般的です。 まず、仲人が男性宅を訪れ、結納品を受け取り、女性宅に届けます。次に女性側から愛書と結…

詳細を見る

結納金

結納金の基準は100万円前後 結納金をいくらにするかは人や地域でそれぞれですが、キリのよい50万円や100万円とするケースがほとんどです。 また、まったく贈らないというケースもあります。 かつては、結納金の金額で家柄や裕福さを…

詳細を見る

結納の日時決定と準備

結納は、挙式の3~6カ月前に行うのが一般的です。仲人を立てる場合は予定を確認し、出席者全員の都合のよい日を選びます。 日柄は、当人同士が気にしなくても両家、仲人が気にしている場合はその意見をくんであげましょう。 日柄の善し悪しは…

詳細を見る

正式か略式か

両家のしきたりに合わせて 結納とは、婚約をした証として両家の問で金品を取り交わし、結婚の約束を固める伝統的な儀式です。 仲人が使者となって両家を往復し、結納品を運ぶのが正式なスタイルですが、最近では仲人を立てずに行ったり、仲人を立てた…

詳細を見る

婚約のスタイル

婚約のスタイルは両家で相談を 婚約には、伝統的な「結納」から、婚約指輪を贈るだけの簡略な形までさまざまなスタイルがあります。 また、地域によっては独自のしきたりがあったり、両家の考え方に相違がある場合もあります。 二人の意見ば…

詳細を見る