世界中の動きをお知らせします

「電気製品」ランキング

「DVD・ブルーレイ」ランキング

「クラシック音楽」ランキング

「本(和書)」ランキング

「美容」ランキング

「ベビー&マタニティ」ランキング

「自動車・バイク」ランキング

「アパレル・シューズ」ランキング

背伸びするだけダイエット

(毎日が発見 2018年1月号) 毎日が発見 2018年1月号 [雑誌]posted with amazlet at 18.01.04毎日が発見 (2017-12-28)Amazon.co.jpで詳細を見る 太りにくく、やせやすい体…

詳細を見る

平昌五輪SOS

(週刊文春 1月4・11日新年特大号) 週刊文春 1月4・11日号[雑誌]posted with amazlet at 18.01.05文藝春秋 (2017-12-27)Amazon.co.jpで詳細を見る 「焦りを通り越してもはや…

詳細を見る

「天国と地獄」の近未来年表

(週刊ポスト 2018年1月1日) 人生を振り返ると、「あの時に人生が変わった」という分岐点が存在する。国家の場合も同様だが、しかしこちらは多くの国民の人生を一気に変えてしまうほどの影響力を持つ。 政治、経済、国際社会、…

詳細を見る

「定年後」から「あの世」までお金に困らない老後

(週刊ポスト 2018年1月1日) 2018年は「お金」にまつわる制度が激変する年となる。年金を巡っては、「75歳受給開始が選択可能」となる制度改定が目前に迫り、どう対応すべきかは21呼からの特集に詳しく記した。 …

詳細を見る

貧困のリアル 悲惨なのはどっちだ? これまで語られなかった東京と地方、貧困の相違点

(週刊SPA!2017年8月15日・22日合併号) ネットカフェ難民に密済したドキュメンタリーが初めて放映されたが、その翌年東京の日比谷公園に年越し派遣村が開設され、「日本にも貧困と格差が存在する」として一…

詳細を見る

10年後に土地の値段が「上がる駅」「下がる駅」(週刊現代 2017年8月5日号)

週刊現代 2017年 8/5 号 [雑誌]posted with amazlet at 18.01.06講談社 (2017-07-21)Amazon.co.jpで詳細を見る 東京五輪を機にバブルは崩壊。人口減少で儒要も縮んで、不動産「…

詳細を見る

スーパー堤防歯抜けすぎて「意味なし」(FRIDAY 2017年7月28日)

東京と千葉を結ぶJR総武線。写頁右奥の東京側から左側の千葉方面へ向かうと、都県境の江戸川に差し掛かる直前で、左手に造成工事の現場が見える。 周囲より最大6mほど高く、国道14号線、通称・千葉街道(写真手前の大通り)と総武線に挟まれた、…

詳細を見る

豊田真由子 秘書に暴言、暴行のパワハラで離党届を提出。議員辞職も(週刊女性 2017年07月11日号)

「支援者は何をしてくれたんだという思いだよ。事務所前のお宅なんか、代々の自民党支援者でお偉い先生たちも挨拶に来る有力者だからね。彼女はまだ新任でしょう。ここはずっと自民と民主(現・民進党)が選挙で争っていてね。支援者連中は誰のおかげで議員に…

詳細を見る

国会議員の暴言は日本組織にありがちな”被害妄想ハラスメント”(週プレ 2017年7月24日号)

自民党の女性国会議員が10歳以上年上の政策秘害に浴びせた罵詈雑言が波紋を呼んでいます。 大手広告代理店の新人社員の過労自殺を受けて、安倍政権は長時問労働など日本的な働き方の改革を掲げており、当の女性国会議員はその先頭に立つ厚生労働省の…

詳細を見る

「新型 貧困を生む街」潜入ルポ(週刊SPA! 2017年7月11日)

これまであらゆる形態の貧困問題を見てきたSPA! だが、今回は貧困を生む”街”の構造を解き明かすべく取材を敢行。 なぜ特定の街で貧困が生まれるのか? そこから脱することは可能なのか? 住民の声とともに見ていきたい。 …

詳細を見る

小池シスターズの「身体検査」は問題ないですか?(FRIDAY 2017年7月14日)

7月2日投開票の東京都議選で、優勢が伝えられる都民ファーストの会。 しかし、「小池シスターズ」の選挙戦の現場には一抹の不安が漂っていた。「よろしくお願いいたしまーす!」雨の降る原宿で1人の女性が声を上げる。 街宣車から降りると、…

詳細を見る

逆ギレ安倍首相の「暴言・放言」が止まらない!(FRIDAY 2017年7月14日)

追い詰められると開き直って逆ギレするタイプは珍しくないが、それが総理大臣だったとしたら……? 「政治家になって一番頭にきている。ここまでコケにされたことはなかった」安倍晋三首相は最近、周囲にそう言い放ったという。 6月24日、首…

詳細を見る

小池劇場総チェック ホントはいくらかかる?東京五輪の謎予算(週刊女性 2017年07月11日号)

1兆3850億円の怪しい内訳 2020年に開催される東京オリンビック・パラリンピックは大会運営費のわかりにくさがつきまとう。12年の招致段階では7340億円だったが、一時は3兆円にまで膨れ上がった。 経費はどこまでかかるのか…

詳細を見る

「豊田真由子」の「絶叫暴力」未公開40分中の最恐文言(週刊新潮 2017年7月6日号)

ミュージカル調で秘書をイジメた上に殴るというバワハラの「新ジャンル」を確立し、一躍「全国区」の知名度を獲得することになった、埼玉4区選出の豊田真由子代議士(42)。 怖いもの見たさのご期待に応えて、第二幕を…

詳細を見る

自民党「魔の2回生」代議士金子恵美」が公用車で保育園(週刊新潮 2017年7月6日号)

犬も歩けば棒に当たるが、目下、自民党では犬も歩けば「魔の2回生」に当たる。次から次に出てくる、当選2回の「安倍チルドレン」による不始末。公用車を巡る公私混同、アル中、重婚に大絶叫暴言.暴行……。「よりどりみどり」の問題代議士図鑑をお届けする…

詳細を見る

「北朝鮮のスキー場でも実施を」平昌五輪「南北分散開催案」の怪(サンデー毎日 2017年7月9日号)

利用する雪上競技のようだ。また、アイスホッケー女子では南北合同チームの結成も検討しているという。 5月に発足した韓国の文在寅大統領は、これまでの政権とは違い、北朝鮮政策では積極姿勢で取り組むことを明らかにしている。そのため、発足直後か…

詳細を見る

トランプ大統領「利益相反」訴訟ロシア疑惑解明のカギになる?(サンデー毎日 2017年7月9日号)

少なくとも135。トランプ米大統領が就任して以降、6月14日現在での大統領個人、またはトランプ政権に対して起こされた訴訟の件数だ。 内訳をみると、中東、アフリカの7カ国から米国への渡航を禁じる大統領令の差し止めを求める訴訟、米国内の移…

詳細を見る