世界中の動きをお知らせします

日取りを決める

最近は、大安にこだわらない人も多い 結婚式といえば、大安吉日の土日に行われることが多く、今でもなかなか予約が取れない人気の日取りとなっています。 オンシーズンで大安の土曜日となると、1年前から予約でいっぱいの式場もあります。 …

詳細を見る

結婚にかかる主な費用

結婚にかかる具体的な費用としては、次のようなものが挙げられます。 総費用の額が決まったら、どこにウエイトを置くか、決足しましょう。 ①行事費(挙式、披露宴、新婚旅 行など) ②新生活の準備費用(住居、生活 用品など) ③仲人…

詳細を見る

婚約解消が正当と認められる場合とは

婚約解消が正当と認められる場合とは 結婚は一生の問題です。婚約したとはいえ、気持ちが揺れることもあるかもしれません。 ここでは、法的に婚約解消が正当と認められるのはどのような場合か、確認しておきましょう。 ●相手にほかの異性と…

詳細を見る

婚約式

もともと婚約式は、教会に本人同士、家族、身内、仲人が集い、牧師(神父)立ち会いのもとに行われます。 神の前で婚約誓書を朗読して誓約書にサインをし、立会人が証人となります。 最近では、キリスト教の婚約式を原型にした人前婚約式も行わ…

詳細を見る

婚約記念品

男性から女性へ贈る婚約記念品 男性から贈る記念品で圧倒的な人気を誇るのは、指輪(エンゲージリング)です。 これは、もともと古代ローマで契約履行の証として始まったといわれ、日本では高度成長期の頃から瞬く間に普及しました。 以前は…

詳細を見る

正式結納

格式を重んじるなら正式結納を 正式な結納では、両家それぞれに使者をたてる場合がありますが、仲人夫妻が両家を行き来して結納品を届けるのが一般的です。 まず、仲人が男性宅を訪れ、結納品を受け取り、女性宅に届けます。次に女性側から愛書と結…

詳細を見る

結納金

結納金の基準は100万円前後 結納金をいくらにするかは人や地域でそれぞれですが、キリのよい50万円や100万円とするケースがほとんどです。 また、まったく贈らないというケースもあります。 かつては、結納金の金額で家柄や裕福さを…

詳細を見る

結納の日時決定と準備

結納は、挙式の3~6カ月前に行うのが一般的です。仲人を立てる場合は予定を確認し、出席者全員の都合のよい日を選びます。 日柄は、当人同士が気にしなくても両家、仲人が気にしている場合はその意見をくんであげましょう。 日柄の善し悪しは…

詳細を見る

正式か略式か

両家のしきたりに合わせて 結納とは、婚約をした証として両家の問で金品を取り交わし、結婚の約束を固める伝統的な儀式です。 仲人が使者となって両家を往復し、結納品を運ぶのが正式なスタイルですが、最近では仲人を立てずに行ったり、仲人を立てた…

詳細を見る

婚約のスタイル

婚約のスタイルは両家で相談を 婚約には、伝統的な「結納」から、婚約指輪を贈るだけの簡略な形までさまざまなスタイルがあります。 また、地域によっては独自のしきたりがあったり、両家の考え方に相違がある場合もあります。 二人の意見ば…

詳細を見る