世界中の動きをお知らせします

正式か略式か

両家のしきたりに合わせて 結納とは、婚約をした証として両家の問で金品を取り交わし、結婚の約束を固める伝統的な儀式です。 仲人が使者となって両家を往復し、結納品を運ぶのが正式なスタイルですが、最近では仲人を立てずに行ったり、仲人を立てた…

詳細を見る

婚約のスタイル

婚約のスタイルは両家で相談を 婚約には、伝統的な「結納」から、婚約指輪を贈るだけの簡略な形までさまざまなスタイルがあります。 また、地域によっては独自のしきたりがあったり、両家の考え方に相違がある場合もあります。 二人の意見ば…

詳細を見る

仲人

仲人を誰に頼むかは両家で相談を 仲人については両親と話し合い、決定するのがベスト。仲人のかかわり方は以下の4パターンがあります。 ①式当日だけ媒酌人としてかかわる、頼まれ仲人。 ②結納に立ち合い、結婚式までをとりもつ、頼まれ仲…

詳細を見る

初顔合わせ

両家の顔合わせはどこで行うもの双方の両親へのあいさつが済み、結婚の了承を得たら、なるべく早めに親同士の顔合わせの日程を調整しましょう。 以前は、男性側が女性宅を訪問することが多かったのですが、最近は、どちらの家にも負担が少なく、気軽な…

詳細を見る

相手宅を訪問する時のマナー

結婚の了承を得てから相手宅を訪問する時のマナー 女性の場合、お茶やお食事を両親と共にする際には、「お手伝いします」と立ち上がりましょう。 相手の母親の作業を確認したうえで、テキパキと動けば、印象もよくなります。 また、泊まって…

詳細を見る

両家の家族との付き合い方

相手の両親の呼び方には気を使って 両親に話しかける時、いきなり「お父様、お母様」では両親も戸惑うもの。まずは「○○さんのお父様」のように、名前を頭につけて呼ぶとなれなれしく聞こえず、不快な印象を与えません。 また、「お父様(お母様)…

詳細を見る

訪問する際のマナー

礼儀正しい玄関の上がり方 相手宅に到着したら外でコートを脱いでから、チャイムを鳴らします。 迎え入れられたら、相手に背を向けないよう体を斜めに向けてドアを閉めます。 あらためて「初めまして。○○です。今日はお時間をいただき、あ…

詳細を見る

意思を固めたら両親に報告

二人の間で結婚の意思を固めたら、できるだけ早くそれぞれの両親に報告をしましょう。 親元を離れている人は電話での報告になると思いますが、伝言やメールなどではなく、恥ずかしくても自分の口から自分の言葉で伝えることが大切です。 また、あい…

詳細を見る

婚約・結納のスケジュール

双方のご両親には早めに報告をしましょう これからの新生活を気持ちよく応援してもらうためにも、結婚を決意したら、双方の両親には早めに報告をしましょう。 報告を行う場所は、自宅またはレストランが一般的です。 ご両親側も心の準備が必要で…

詳細を見る

ガイア

生きている地球をガイアと名づけたのは、の項でも述べたように、あのシビアな漂流記『蝿の王』を書いたウィリアム・ゴールディング。 しかし産みの親は、なんといっても、ジェイムズ・E・ラブロック。 ラブロックはイギリス人。1920年生ま…

詳細を見る

インフレーション理論

ビッグバンのあと、インフレが起きた。 もちろん金融ビッグバンの不安におののく20世紀末の日本、というチッボケな世界ではない。 大宇宙でのことだ。 そもそもビッグバン宇宙論がそれなりに確立されると、直ちにビッグバン宇宙論では…

詳細を見る

プレート・テクニクス理論

大陸移動説はジグソーパズルに似ている。 大西洋をはさみ、南北アメリカ大陸とアフリカ・ヨーロッパ大陸の海岸線の出入りがよく似ていて、ピタッとつながる。 大陸移動説を唱えるアルフレッド・ウユダナーの夢想は、そこからどんどん広がってい…

詳細を見る

ビッグバン宇宙論

ビッグバン宇宙論を最初に言い出したのは、ソ連生まれのアメリカの物理学者ジョージ・ガモフだ。 とある学者が言っているが、それは間違っている。 ビッグバンを地球で最初に唱えたのは、1927年、ベルギーの神父で数学者ジョルジュ・ルメー…

詳細を見る

福井謙一

有機物質の化学反応には謎が多い。 分子の中で化学反応にかかわる場所が、いつも同じであるのはどうしてか、も謎のひとつ。 福井謙一の独創的な理論構築が始まったのは、そこからであった。 彼はベンゼン環の亀の甲が二つくっついたナフ…

詳細を見る

周期律表

18世紀の終わりごろまでに、炭素、鉄、水素など30種類をこえる元素が知られるようになっていた。 19世紀に入ると、ヨウ素、カドミウムなどの元素が発見され、元素の数は二倍に増えた。 「こんなに増えてくると、なんとか分類して整理しな…

詳細を見る

ボーア

ボーアが赴いたラザフォードの研究室では、自由に研究がなされ、活発な議論が飛び交っていた。 楽しい冗談が絶えず取り交わされ、気分をリラックスするためにスポーツも盛んであった。 ボーアは、研究室はこうでなくてはと考1920年にコペン…

詳細を見る

クオークモデル

我々の目に見える身近な身体のレベルから、自然の階段をどんどん降りていこう。 分子・原子のレベルへ、原子核や電子のレベルへ、そして陽子、中性子、中間子などからなる素粒子のレベルへ。 それより下に、つぎの階層があるのだろうか。 …

詳細を見る

朝永振一郎

1925年に量子力学が誕生して以来、実際に量子力学を使って計算してみると、あっちでもこっちでも「無限大」という魔物が噴出してきた。 この魔物に対処しようというのが、くりこみ理論だ。 簡単に言ってしまうと、計算で無限大と出たら、実…

詳細を見る

湯川秀樹

宇宙には、根源的には四つのカしか働いていない。 重力、電気や磁気カ(ひとまとめに電磁力という)、弱いカ、そして強いカだ。 重力はイギリスのニュートンが定式化した。電磁力はこれもイギリスのファラデーたちに始まり、マクスウェルがその…

詳細を見る

長岡半太郎

19世紀末、ヨーロッパで物理学の大変革が始まった。 レントゲンがⅩ線を発見したのをきっかけに、ウランの放射能やそれより強い放射能をもつラジウムが発見された。 内部構造のない究極の粒子と考えられていたアトム(原子)に内部構造がある…

詳細を見る

一般相対性理論

特殊相対性理論を世に問うて二年後。 1907年のある日「わが生涯における最もすぼらしい思いつき」とのちに自賛するアイデアがひらめいた。 人がもし重力作用に身を任せ落ちていったら、その人は自分の重さを感じないだろう、と。 ガ…

詳細を見る

マクスウェルの方程式

電気と磁気は似ていると思いますか。 違ってると思いますか。まぁね。似ていて違うし、違っていて似ている、といったところでしょうね。 クーロンの法則にしたところで、電気カも磁気カも似た表現で解説する。 でも磁石では、N極とS極…

詳細を見る

ベルクマンの法則

体の大きい動物は長生きしやすい。えっ、どうしてかって。ご説明申し上げよう。 まず、体表面積から放散熱量は単位面積当たり一定とする。 体の大きな動物では、二乗三乗の法則により、単位重量当たりの体表面積が小さくなる。 そこで、…

詳細を見る

DNA

この分子進化の中立説は、日本の木村資生博士が1968年に提唱して、大きな反響を呼んだ。 それまで、分子に起こる進化も、ダーウィンの自然淘汰説で説明できると考えられていた。 つまり、生存に少しでも有利な、子供を多く残せる変異が選択…

詳細を見る

メンデルの遺伝の法則

ダーウィンがエライのは、『種の起源』で自分の困っているところをさらけ出し、いろいろと議論していることにもある。 なかなかできるものではない。他人に突っ込まれてしまいますもんねぇ。 ダーウィンを困らせた問題のひとつに遺伝があった。…

詳細を見る