世界中の動きをお知らせします

明治時代の貨幣

江戸時代が終わり、明治になるといろいろな制度ががらりと変わる。 貨幣制度もそのひとつだ。 明治政府は、それまでの「両・分・朱」という4進法を改めて、1 0進法による近代的な貨幣制度を確立する必要に迫られた。 キンドルらお雇…

詳細を見る

2か所にしか残っていない樹木

日本には、たった2か所にしか自生していない樹木がある。 アイラトビカズラというマメ科のつる性植物だ。 1本は、熊本県山鹿市菊鹿町相良地区に自生する。樹齢1000年を超えていて、ひところまでアイラトビカズラはこの地区にしかないとさ…

詳細を見る

クジャクが放し飼い

動物園では、クジャクが放し飼いされていることがある。 クジャクが園外に逃げだしてしまわないかと心配になるが、クジャクが逃げだすことはない。 クジャクには、きまった場所で暮らす習性があり、知らない場所には移動しようとしないのだ。 …

詳細を見る

血圧の高い動物は

キリンといえば血圧の高い動物として知られる。 人間の血圧の場合、正常値の目安は上が120、下が80程度とされるが、キリンの場合、上が260、下が160くらい。 下の血圧でも、人間にとっては高血圧というほど、キリンは血圧の高い動物…

詳細を見る

走り幅跳び

走り幅跳びの選手がまず悩むのは、どう跳ぶかではなく、「助走」である。 じつさいのところ、踏み切ってしまえばあとは着地をするだけで、そこから飛距離をのばすためにできることはほとんどない。 走り幅跳びは、跳躍までの助走がひじょうに重…

詳細を見る

かっぱ橋

東京・浅草近くの「かっぱ橋」は、漢字で書けば「合羽橋」。 つまり、雨合羽のことだ。 江戸時代、そのあたりには伊予新谷城主の下屋敷があり、そこで働く下級武士たちは内職で雨合羽をつくっていた。 天気の良い日には、橋の欄干に合羽…

詳細を見る

サイコロ

サイコロを振ったとき、それぞれの目がでる確率は6分の1のはず。数学ならそれでまちがいないが、市販のサイコロではいささかあやしくなる。 市販のサイコロの表面は、目の部分が彫られ、凹んでいる。そのため、重心が微妙にずれてそれぞれの目がでる…

詳細を見る

「鮨」「酢」

スシは、天ぷらやスキヤキとともに日本を代表する料理だが、日本発祥の料理というわけではない。 スシのルーツは東南アジアの山間部といわれ、もともとは川魚を保存するために考案された保存食だったようだ。 当時のスシは、塩漬けの魚を発酵さ…

詳細を見る

奈良漬け

奈良漬けは、酒粕にウリなどの野菜を漬けこんだもの。 その歴史は古く、奈良時代の長屋王の邸宅跡から出土した木簡にも、奈良漬けにかんする記述がある。 当時は、奈良漬けが上流階級の保存食として食べられ、平安時代の『延書式』には、その作…

詳細を見る

大漁旗

漁師町につきものといえば、大漁旗である。 大漁の日には、大漁旗を掲げた漁船が、つぎつぎと港に帰ってくる。 その大漁旗、何匹以上獲れたときに揚げるというきまりはない。2匹、3匹でもよく、極端なことをいえば、0匹でも大漁旗を揚げてか…

詳細を見る

貨物船に衝突

2009年(平成21)10月27日、本州と九州をへだてる関門海峡で、海上自衛隊の護衛艦「くらま」(5200トン)と、韓国籍のコンテナ貨物船「カリナスター」(7401トン)が衝突した。 この海難事故で、大破したのは護衛艦のほうだった。 …

詳細を見る

地球の速さ

地球は、およそ365日かけて太陽の周りを公転するいっほう、およそ24時間かけて自転している。 そのスピードはどれぐらいかというと、公転は時速約11万キロ。これを身近な乗りものと比較すると、ジェット旅客機が時速1000キロだから、公転速…

詳細を見る

サメとシャチ

「海の王者」といえば、サメではなくクジラの仲間であるシャチである。 シャチは体長9.5メートルにも達し、サメをも捕食する。 英語では「キラー・ホエール」とさえ呼ばれている。ところが、そんな獲猛なシャチも人間を襲ったケースはほとん…

詳細を見る

前人未到の地へ

標高8848メートルを誇る、世界最高峰の山、エベレストに人類が初登頂をはたしたのは、1953年(昭和28)のことだ。 では「最高峰」や「極地点」など、前人未踏の場所を制覇したという記録は、誰がどのように証明し、認定しているのだろうか?…

詳細を見る

トリュフ

微妙な匂いや味を区別する能力が高いのは、中高年よりも若者。 その若者のなかでも、男性よりも女性のほうが味や香りに敏感だという。 食品メーカーが新商品を開発したとき、若い女性モニターに意見を聞いて参考にするのも、そうしたことが関係…

詳細を見る

隕石

隕石は、宇宙にある小惑星の破片や流星の燃え残りが、地上に落ちてきたもののこと。 隕石が地表に落ちてきたというと、ちょっとしたニュースになるが、じつは隕石は毎日のように地球のどこかに落ちてきている。 ただ、小さいものは落下の途中で…

詳細を見る

ボクシングの計量

ボクシングの計量では、いまだに昔ながらの天秤式の台秤または竿秤を使っている。 これは、ボクシングというスポーツが伝統と格式を重んずるからではない。 そこには、ちゃんとした科学的な理由がある。 そもそも、重さには「質量」と「重量」…

詳細を見る

有罪か無罪か

裁判の傍聴に慣れた人は、裁判官が「被告人は」と口を開いたとたん、その結論がわかるという。 なぜ最初のひと言だけで、判決の内容がわかるのだろうか? 裁判の判決は、主文と判決理由から構成されている。通常は、主文で有罪か無罪かを述べ、…

詳細を見る

エアバッグ

近年は、クルマで事故っても、エアバッグが開くことでケガをしないですむケースが少なくない。 クルマが衝突するや、エアバッグは瞬き1回以下というスピードで膨らみ、人体を受け止め、エネルギーを吸収したのち、しぼんでいく。 これにより、…

詳細を見る

宇宙

「宇宙」というと、とてつもなく遠い世界に思えるが、具体的にどこからが宇宙かというと、国際航空連盟では「地表から100キロメートル以上の場所」と定義している。 その高さでは、空気抵抗をほぼ無視できる真空状態になるからだ。 はるか彼…

詳細を見る

ニュートンが引力を発見

万有引力の法則の発見者として知られるイギリスの科学者ニュートン。 発見のきっかけは、リンゴが木から落ちるのを見たことというのは有名な話だ。 世界的発見の立役者だけに、そのリンゴの木はいまも大事に残されている。「ケントの花」という…

詳細を見る

シェイクスピア

人殺しの方法について、日々頭を悩ませる職業がある。作家である。 とくに、事件物の作家は、つぎは崖から突き落とそうか、それとも毒殺にしようかと、日夜腐心している。 作家といえば、偉大なる劇作家といわれるのが、ウィリアム・シェークス…

詳細を見る

宝塚音楽学校には男子生徒がいた

宝塚といえば、いわずと知れた女の園。 男子生徒がいたなんて、聞いたことがない? ところが、この話、事実なのだ。 宝塚音楽学校が設立されたのは1919年(大正8)のこと。 そのとき8人の男子生徒が選科生として入学。厳し…

詳細を見る

ずぶの素人

「この間題には、ずぶの素人ですが」 「ずぶの素人のくせに、口だしするな」というように使われる「ずぶの素人」。 この「ずぶ」は、もともと頭から全身水に濡れるさまを表した言葉である。「ずぶ濡れ」という表現に、それがよく表れている。 …

詳細を見る

自殺する動物は?

人間以外の動物は、人間のように自殺することはあるのだろうか? ひところは「ある」とされていたが、近年の研究では「ない」ということになっている。 かつてレミングは、集団自殺する動物とされてきた。レミングは北極圏に棲息するネズミの仲…

詳細を見る